オーシャン東九フェリー ご利用はこちら
RECRUIT 採用情報/Employee  Message

INTERVIEW
社員インタビュー


写真

船長

松野 直高
Naotaka Matsuno

船長

PROFILE

1982年1月入社

〈出身地〉
山口県

〈学 歴〉
広島商船高等専門学校

〈趣 味〉
ゴルフ

〈座右の銘/好きな言葉〉
感謝/生きてるだけで丸儲け

写真

会社と、船とともに生きてきた
航海士一筋の人生

入社して41年目になり、いよいよオーシャントランスで働く最後の年になりました。入社した当初は、フェリー業界の中でも下から数えた方が早いくらいの規模でね。私自身は商船の高等専門学校に通い、その後の進路に関しては船に乗ることは諦め、博多の旅行代理店に就職が決まっていました。それでも一縷の望みで、就職課の先生に「フェリーから話があった時はぜひ」とお願いしていたんです。そしたら、博多に行く前日にオーシャン東九フェリーからお話しをいただいて…。慌てて面接に臨んで内定をいただくという、本当にギリギリのところのご縁が繋がって航海士になることができました。
そこから28歳で二等航海士、36歳でチョッサー(一等航海士)、そして46歳で船長と、今まで歩んできた航海士一筋の人生を振り返ると、本当に感慨深いですね。入社初日の研修で、先輩から「よくこんな会社に入ってきたな」なんて言われ(笑)、とんでもないところに来ちゃったなと思ったものです。その当時の自分には、この現在を信じろと言っても想像もできないだろうと思います。

写真

船長の仕事に大小はない
日々無事を積み重ねるのみ

自然が相手の仕事ですから、準備はしていながらも想像以上の荒天に遭うことはつきものです。それでも預かった荷物を安全に目的地へ届けることが私たちの仕事ですし、この船で十数名の船員と共に、大切なお客様の人命や貨物を預かっている船長ともなれば、その責任やプレッシャーも当然のように大きくなります。だからこそ、「こんな大きな仕事をした」とか「特別な何かでうまく対処した」というスポットの達成感ではなく、いかに何事もなかったかのような無事を積み重ねられるかという部分が大切なことだと感じています。
売上を課せられた営業マンであれば、大きな契約を勝ち取ることがモチベーションになるかもしれません。しかし、船長の仕事は何もないことが一番。それを継続するためにモチベーションを高く持ち続けなければならない部分は、責任感の受け止め方と比例するのかと思います。立場の違いもあるので一概には言えませんが、若手船員にはその心構えって簡単なようでなかなか難しい部分があるのかもしれませんね。私からはそういったことを、残りの時間で若手に伝えていけたらと思っています。

写真

社員に寄り添える会社だから
この団結力が生まれている

私がここまで長く働かせていただけたことは、ひとえに社員に対する会社の真摯な向き合い方によるものだと感じています。
会社の規模自体は着実に大きくなっていて、私が入社した当時からは比べものにならないくらいです。ただその割に、組織としては小回りが利きますし、社員の意見にも耳を傾ける姿勢がしっかり根付いている印象があります。今の若手船員は昔との比較ができないので、今が当たり前と思っているかもしれません。ですが、昔を知るものとしてはその“当たり前”も、会社自体が社員を第一に向き合い、取り組んできた末の大きな“成果”だと実感しています。
これから先は、船に関してはカーボンニュートラルや無人化構想などがあり、海運業界自体としても難しい課題がたくさんあるかと思います。新しい技術や知識に対応することは必須ですが、まずは安全航海という部分は、今も昔も変わらずに取り組むべき責務。足元をしっかりと見て、毎日の無事を着実に積み重ねていってほしいです。
オーシャントランスは風通しが良く社員を守ってくれる会社です。やりがいを持って働くためのフィールドがしっかり備わっています。未来のオーシャントランスは後輩に託しますが、一人ひとりの力を団結し、社員と会社が一丸となってより良い航海を続けていってもらえたらうれしいですね。みなさんの活躍を期待しています。

写真

航海士

山村 百花
Momoka Yamamura

三等航海士

PROFILE

2020年4月入社

〈出身地〉
埼玉県

〈学 歴〉
東京海洋大学 水産専攻科

〈趣 味〉
ダイビング、離島巡り、読書

〈座右の銘/好きな言葉〉
習慣は第二の天性なり

写真

大好きな海を舞台に
人の生活を支える仕事

海のない埼玉で生まれ育った私ですが、子どもの頃から海が大好きでした。機会を見つけては小笠原諸島や伊豆諸島など離島を巡ったり、その先でダイビングを楽しんだりと、海はまさに私の人生の一部を占める“生きがい”でした。
自然な流れで海洋大学に進学しましたが、だからといって最初から航海士になろうと思っていた訳ではありません。どちらかというと環境に興味があり水産専攻科で学んでいたのですが、調査のために船に乗る機会が増え、次第に「自分が船を動かす」ということに興味を抱くようになりました。水産専攻科ではおもに漁業を学び、卒業後は水産庁や調査船などに就職するケースが多いのですが、この専攻から航海士としてオーシャントランスに入社したのは私が初めてだったようです。
当社を志望した理由は、お客さまも貨物も運ぶという点で、広く人の生活を支える船舶に携われることがひとつ。さらに、今では数少ない東京基点の船舶で、なおかつ四国や九州を結ぶ大きな航路に関われることが魅力と感じ、入社を志しました。

写真

話しやすい雰囲気を
先輩方が作ってくれる

まだ2年目とは言え、三等航海士の仕事は責任重大です。荷物の積み揚げを指揮管理することと、航海当直に入って船長に代わり操船指揮をとることがメインの業務となります。大切な荷物と乗組員の命を預かることになるため、何年目とか何等とかは言い訳になりません。その他、備品管理や衛生管理など多岐に渡り庶務を担当しながら、幅広い視野を持って船に向き合っています。
もちろん、周りは先輩方ばかりですし、男性が多い職場環境ということもあって、入社当初はかなり緊張していたことを覚えています。ただ、いつも決まった船に乗り組む“チーム”として業務にあたっていて、そのチームメイトの皆さんが私の緊張をほぐしてくださるので、割と早い段階で馴染めたのかなと感じています。航海士という立場で、ベテランの部員さんにも指揮や命令をしなければならないこともあります。ですが、そこは年齢や性別関係なく対応していただいてるので、とても風通しがよく仕事がしやすい雰囲気のある会社だと実感しています。

写真

この船は“家”みたいな存在
いつかは自分も
家族の支えになれるように

今はまだ、誰かに支えられながら何とかこなしている日々。先輩や船長にさまざまな経験と知識を教わりながら、航海士としてひとり立ちしていくことが目下の目標です。決まったチームで動く訳ですし、そのチームも大人数ではありません。一人ひとりの力が大切で、それがかみ合わなければ最大のパフォーマンスを発揮できません。同じチームで仕事をする頻度から言えば、チームというより家族といってもいいくらい密な関係値だと思います。
個人的には、誰とでもコミュニケーションをとっていくのは性に合っているので、それが活きる仕事だと感じています。広い視野や気配り、そして信頼の積み重ねを大切にして、将来的にはキャプテンとして安全な航海を任せられる立場になれればと思います。オーシャントランスでは女性キャプテンは過去一人もいないので、キャプテンを目指していく上で、それも大きなモチベーションですね。
男女分け隔てなく受け入れてくれる会社ですし、チャンスも平等ですので、積極的に人と関われる後輩がたくさん増えてくれることを楽しみにしています。その時は、私がしっかりと支えていきたいです。

写真

機関長

高畠 克典
Katsunori Takabatake

機関長

PROFILE

1995年5月入社

〈出身地〉
香川県

〈学 歴〉
多度津水産高等学校

〈趣 味〉
バイク、スノーボード

〈座右の銘/好きな言葉〉
初心忘るべからず

写真

この会社で学んだ
機関士としてのあるべき姿

香川出身で、幼いころから瀬戸内の海に慣れ親しんで育ちました。いつ頃からかも思い出せないくらい、気が付いたら船員になりたいと憧れていたと思います。水産高校を目指したのも自然な成り行きでしたね。卒業後は別の会社で4年間、その後はまた別のフェリー会社に9年勤めました。2社目の時の海運部長とオーシャントランスの海務部長が同級生だった縁で、オーシャントランスから求人の案内があり、エンジニア(機関士)としての募集に魅力を感じた私は、入社を志願させていただきました。そこから今年で27年、随分長くお世話になったものです(笑)。
機関士としてもっとも思い出深いのは、以前の船で燃料ポンプが動かなくなった時のことですね。エンジン2基とプロペラ2軸の船だったのですが、1基で運行しながらダメになった方を交換するという、後にも先にも経験したことがない事態でした。こういった緊急対応は学校で学べるものではありません。当時二等機関士の私は相当焦りましたが、その時の機関長の冷静な判断と指示によって何とかやり遂げられたことを覚えています。海という自然と、機械ではありますが船という生き物を相手に、エンジニアはどうあるべきかを学ぶ大きなきっかけだったと思います。

写真

エンジニアだからこそ
大切にしたいチームの和

そこから機関士としてキャリアを重ねていくにあたり、知識や技術の習得は当然欠かすことのできないものでした。扱っているのは船の心臓部。船長や航海士の指示も、エンジンが動いてなければどうにもなりません。エンジニアの責任は、とてつもなく重いものなんです。
ただ、機関部の長として采配を揮う立場となった今、それ以前にもっと大切なことに気付かされました。いくら個人が知識や技術を高めたところで、連携が取れていなければその効果は知れています。逆に一人ひとりの力を束にすることさえできれば、チームとして何倍もの力を発揮することができます。同じメンバーでずっと同じ船を担当する機関部は、“家族以上に家族”と言っても過言ではありません。その関係性がぎくしゃくしていたら、機能するものもうまくいきませんよね?
私が大切にしていることは、そのファミリーが互いを思いやりつつ、言いたいことは言える雰囲気づくり、その一点に尽きます。苦労の甲斐があって、みんな仲がいいですよ。遠慮なく意見を言い合える間柄ですし、たまに「オレ機関長なんやけど…」って思う時もあったりして(笑)。
そんなファミリーの一員で、実際にいま機関部で頑張っている2年目の山田三機士にも話を聞いてやってください。

写真

エンジニアとは思えないほど
若手や女性も輝けるステージ

サードエンジニアの山田真依です。機関長も話してくださったように、このチームは本当に和気あいあいといった感じで、最初のうちからもう話しやすい雰囲気でした。ありがたいことに私の意見も尊重してくれますし、ただ助けてくれるだけじゃなくなぜそうなったのか考えることを促してくれる部分は、自分の成長に繋がっていると思います。もし自分の殻に閉じこもっていたら、連携不足が思わぬ事故に繋がることもあり得ます。機関長がコミュニケーションを大切にしているのも、安全な航海のために必要なことなんだと感じます。まだ若手とはいえチームの一員として、サードはサードとしての役割があります。「何かあったらフォローするから失敗を恐れずやってみろ」と任せてくれることは、何物にも代えがたいやりがいですね。
若手だからとか女性だからという目で判断せず、ひとりの戦力として認めてくれるのがこの会社の良いところ。自分のやる気次第でステップアップできる職場だと思います。とはいえ、不向きな力仕事が求められる場合はサポートしてくれますし、だからこそ「その分自分は知識や技術を高めよう」とモチベーションを高められるんです。
私はオーシャントランスで最初の女性機関長を目指して頑張っています。ぜひ一緒に働く仲間が増えることを期待しています!!